高等教育機関コンソーシアム和歌山は和歌山の知的資源を集結した地域社会への幅広い貢献を目指します。

令和2年度大学等地域貢献促進事業(学生共同プロジェクト研究)【募集要項】

−フィールドワーク in わかやま支援事業−
和歌山県内をフィールドとした複数の大学の学生による共同研究活動を支援します!

募集概要

1.助成目的及び事業内容

学生と地域との交流の促進や地域との交流を通じて地域に想いをもつ若者を育てると共に学生のコミュニケーション力や問題解決力・応用力・実践力等を養うことを目的とし、高等教育機関コンソーシアム和歌山(以下「コンソーシアム」という。)に加盟する複数の高等教育機関の学生が、多様な学問分野で得た知的資源を結集・連携し、和歌山県内をフィールドとして、地域がかかえる課題解決や地域の魅力発見のための調査・研究、実践活動等に向けた提案などを目的とするフィールドワーク研究を支援し、研究で得た成果を地域に報告・提案することにより地域での活用・実践等による地域の活性化に貢献します。

2.応募資格

コンソーシアムに加盟する複数の高等教育機関に学ぶ学生3名以上により応募してください。なお、グループの形態は問いませんが、コンソーシアム加盟機関の教員1名以上を指導教員とすることを要件とします。

3.応募書類の受付期間

令和2年7月6日(月)〜同年7月17日(金)17時(必着)

☆提出先:申請者(研究代表者)が在学する機関のコンソーシアム担当部署

4.研究課題(テーマ)

次の2つの研究区分の何れかに該当するものとしてください。
A地域課題対応型研究
B自主活動型研究
※詳細は「募集・実施要項」を参照ください。

5.研究期間

令和2年度内
※新型コロナウイルスの感染状況等によっては、本事業を中止する場合があります。

6.対象経費

研究の遂行及び研究結果の取りまとめに直接必要な経費

7.助成金額

1研究20万円以内

8.応募方法

(1)応募方法

以下のリンクから募集・実施要項をダウンロードしてください。

<ダウンロード> R2募集・実施要項 ※PDFファイル
<ダウンロード> R2募集・実施要項 ※Wordファイル
(ダウンロード方法:Internet Explorerの場合は、リンクを右クリック→「対象をファイルに保存」を選択してください。)

(2)応募用紙

以下のリンクから応募用紙をダウンロードしてください。

<ダウンロード> R2様式(応募書類・その他) ※Wordファイル
(ダウンロード方法:Internet Explorerの場合は、リンクを右クリック→「対象をファイルに保存」を選択してください。)

9.審査・選定

学識経験者等で構成する審査会(書類審査・プレゼンテーション審査)の審査を経て、コンソーシアムで決定します。

10.助成の方法

助成金はコンソーシアムから研究の代表者が在学する高等教育機関に交付します。

11.研究成果の公表

助成対象となった研究については、研究成果の全般について印刷物、県及びコンソーシアムのホームページなどで公表します。

また、一般公開の研究成果報告会を開催し、研究成果について報告していただきます。

応募時の留意事項

応募に当たっては、「募集・実施要項」を熟読いただき、要項に記載の助成の条件や経費の使途制限、その他の留意事項等を充分に理解の上で応募ください。

令和2年度大学等地域貢献促進事業(学生共同プロジェクト研究)におけるフィールドワーク等の実施上の留意点

フィールドワーク及びイベント等(フィールドワーク等)の実施にあたっては、研究グループに参加する学生(学生)及び指導教員だけでなく連携・協働する自治体・地域等の関係者(連携先)の健康・安全面の確保を最優先に考え、以下のような点に留意して実施してください。
(1) フィールドワーク等の計画を立てる際は、当該地域における感染状況等に注意してください。また、フィールドワーク等の実施は必要最低限とし、実施する場合は、必要最小限の人数で実施してください。
(2) 都道府県を跨ぐ移動の自粛が要請されている場合には、和歌山県外に在住する学生のフィールドワーク等への参加は控えてください。
(3) フィールドワーク等の実施日には、家を出る前に「発熱や風邪のような症状」がないことを確認のうえ、出発してください。「発熱や風邪のような症状」がある学生は、フィールドワーク等には参加せず、自宅で療養してください。
(4) フィールドワーク等の実施にあたっては、密閉・密集・密接の「三密」が生じないように、十分配慮してください。
(5) フィールドワーク等の実施の前後で手洗いや手指消毒を行い、可能な限りマスクを着用し、咳エチケットの励行等に心がけてください。
(6) フィールドワーク等の実施中に、新型コロナウイルスに感染したような症状で不調を訴える学生が発生した場合は、直ちにフィールドワーク等を中止して指導教員に指示を仰ぎ、状況に合わせた対応を取ってください。
(7) フィールドワーク等の実施中に、連携先や学生の中に感染者が確認された場合は、直ちにフィールドワーク等を中止してください。
(8) その他、在学する高等教育機関からの新型コロナウイルス感染症に関する指示等に従ってください。
なお、新型コロナウイルスの感染状況によっては、フィールドワーク等の実施の延期または中止を要請することがあります。

お問い合わせ先

担当 高等教育機関コンソーシアム和歌山事務局
担当:小田
住所 〒640-8510 和歌山市栄谷930番地
国立大学法人和歌山大学 研究・社会連携課内
TEL 073-457-7152
FAX 073-457-7167
e-mail w-conso@ml.wakayama-u.ac.jp

 

 

このページのTOPへ

大学連携和歌山

高等教育機関コンソーシアム和歌山 事務室(和歌山大学内)

住所:和歌山市栄谷930

TEL : 073-457-7152

FAX : 073-457-7167